banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

大和証券 AGD銀行の株式公開へ一助

ミャンマー初となる証券取引所設立の準備が2015年へ向けて進むなか、大和証券グループは現地アジア・グリーン・ディベロップメント・バンク(AGD銀行)に新規株式公開に向けた助言・指導を行っていくことが分かった。

ヤンゴンで開かれた署名式でAGD銀行Than Yi会長は「新規株式公開が成功し、銀行として始めのの公開企業になれるだろう」という希望を語る。

この式典ではAGD銀行とミャンマー証券取引所センター(MSEC)、大和証券グループ所有ミャンマー現地企業と国有のミャンマー経済銀行(Myanmar Economic Bank)それぞれの間で署名が行われた。

ミャンマー証券取引所センターと大和証券は、法的な調整と同様に金融関係社との交渉も含めた包括的なバックアップに取り組む予定。大和証券グループ本社の日比野隆司社長も今回の動きについては、「これからのミャンマー株式市場への重要なステップに値する」とコメントしている。

 

記事番号:2013121227
【2013年12月12日(ヤンゴン)記者:Kyaw Min】

 

ホームに戻る