banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

パナソニック ミャンマーでソーラーランタン販売へ

日本の巨大家電機業であるパナソニック社は、今月からミャンマーでのソーラーランタンの販売をスタートさせる。

パナソニック社は認定の地域販売店を通じて新製品の販売を行うとパナソニック・ミャンマー支店の前田恒和代表はによると、製品はランタンはまた、機器にUSB接続が可能で、携帯電話のような小型モバイル機器の充電も可能である。製品はとは一つにつき50、000チャットで販売される予定である。

明るさの調整機能にて、ランタンはフルチャージのした場合は6時間から90時間の使用が可能となる。日中には搭載された3.5ワットのソーラーパネルと、内臓された充電式バッテリーにより、発電と蓄電が可能である。

このソーラーランタンは、この地域のその他の国と比較すると帯電率が極度に低いミャンマーの電力不足を解消する為にデザイン、開発されたものである。 パナソニック社はまた、電力供給のない農村地域へソーラーランタンを提供するために、様々な社会的諸機関と連携を図っている。世界銀行の報告によると、ミャンマーにおける居住者のおおよそ70%が電力を得られていない。

 

記事番号:2014010912
【2014年1月9日(ヤンゴン)記者:Shein Thu Aung】

ホームに戻る