banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー国内のビジネス拡大を明確に奨励

Win Myint商務大臣は2015年に予想される好景気の間により良い機会を獲得し、地元ビジネスマンが自身のビジネスを拡大することを奨励した。税制については減税されより緩和され、そのほか輸出入者の必要な支援が提供されるとWin氏は語る。

新外国投資法の草案が国会に提出へ

今週再開されることになっている次の国会で新外国投資法の草案が提出されるだろうと当局の投資委員会役員は述べた。立案された国際金融公社の助言により制定された新法がミャンマーの外国投資法と市民投資法に取ってかわる。

ミャンマー、2014年までに400万人のモバイルフォンユーザー獲得を計画

2014年には400万人の新規加入者に対応するため、GSMと3Gからなるモバイルネットワークの拡張と総数1000万人のユーザーにまで成長させることを計画していると当局の役員は述べた。

スー・チー氏、次の政府はこう着状態のダム計画に対処する必要がある

Radio Free Asiaの隔週放送する彼女のインタビューにて、ミャンマー最大野党 NLD の議長であるスー・チー氏は、現在物議をかもしているAyeyawady川の巨大なダム建設について政府はきっちり決着をつけるべきだと週刊誌D-Waveにて報道している。この問題を放置したまま次の政権へ任せるのは無責任だと彼女は付け加えた。

ミャンマー大統領、2014-15年のGDPは約670億ドルと見る

ネピドーで開かれた金融委員会のミーティングにてテイン・セイン大統領は、2014年から2015年度のGDPは約670億ドルと推定していると語っている。また、公務員の毎月の給与に対し、4月1日から20,000Kyat (日本円約21,00円)上昇されるとも述べている。

構造変化を評議することに適した5つの小委員会

5つからなる小委員会は109人の議員で構成され、憲法の修正について30万件以上の提案を国民から受け取り評議を行う委員会であると委員会メンバーを例に挙げVoice Dailyは報告している。

これらの委員会は要点を1週間以内に再調査し1月末までにきたる国会に報告書を提出しなければならない。

9ヵ月以内に対外貿易は40億ドルに成長

12月末時点の全体の貿易商は、2013年4月~2014年3月の間の会計年度は、昨年度の同時期と比べて40億ドル成長している。

最初の9ヶ月間の輸入総額及び輸出総額はそれぞれ98億3千万ドルと88億1千万ドルであった。

次年度の財政赤字 27億5千万ドルを推定

当局の報告によると、次年度の財政赤字は約27億5千万ドルになると推定されている。

教育に関する配分は5.37%から5.93%、医療については3.15%から3.38%へ上昇する。

2015年より2014年で重要ななこととは

ミャンマー最大野党NLDであるアウン・サン・スー・チー氏は、ミャンマーにとって2015年よりも2014年で重要なことは政治と経済発展であるにも関わらず多くの投資家は2015年の状況ばかり気にしていると語る。ノーベル平和賞受賞者としてチン州での党大会の演説の際に、2014年に木々は生長し、2015年には花が咲き実を結び、当然2015年の総選挙に間に合うよう2014年には憲法改正をすすめたいと述べている。

ミャンマー、2013年に約82,000人のビジネス観光客を誘致

ヤンゴン国際空港入国管理部によると、昨年、観光ビザにて82,000人以上もの観光客がビジネスでミャンマーを訪れている。2012年6月以来、隣国を含む26カ国の国々に観光ビザでの入国を許可している。そのうちの22カ国の大半はヨーロッパの国々であり、2013年2月にリストに追加となり、建設した施設は48カ国が利用可能となっている。

統計によるとビジネス観光客の大多数がタイ、日本、シンガポール、カナダ、そしてスペインだ。

 

記事番号:2014011634
【2014年1月16日】

ホームに戻る