banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー、ベトナム間ともビザ免除目指す

ミャンマーとベトナムは二国間の友好関係と観光の増大を目指し、両国の普通旅券所持者に対するビザ免除を検討している。ミャンマーのU Wunna Maung Lwin外務大臣ならびにベトナムのPham Binh Minh外務大臣は、昨月ニューヨークにて、協議手続きに入る同意書に調印した。

ミャンマー、ベトナム間ともビザ免除目指す

ミャンマー、ベトナム間ともビザ免除目指す

この動きは、ビザ手続きの簡素化及びミャンマー・ベトナム両国民の観光を促進する考え。8月28日にはミャンマー-タイ間の4つの国境が開放されたように、ミャンマーは更なる観光客の増加を目指し、全ての国境を外国人観光客に開放することを検討している。

この数ヶ月、ベトナムのビジネスマンはミャンマーに対する投資機会に強い関心を抱いており、ヤンゴン市内に建築されるHAGL ホテルと複合ビルに対する3億ドルもの投資が最も顕著な例と言えよう。

記者 Kyaw Min

ヤンゴンのホテル一覧 (agoda)

telenor_macbookair

ホームに戻る