banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ベトナム、2013年の経済成長率5.42%

ベトナム、2013年の経済成長率5.42%

ベトナム、2013年の経済成長率5.42%

ベトナムの経済成長が、昨昨年から2013年の1年間に5.42%となり、ベトナム政府が掲げた目標と同様だったと統計局は先週付で発表した。

9月から12月の国内総生産(GDP)成長率は、昨年の同月と比較して、当初の9ヶ月に予測されていた5.14%を大きく更新し、6.04%となった。

昨年の5.25%というGDP成長率は、1999年以来最低の水準となる。

ベトナムのグエン·タン·ズン首相は昨年10月に、「現在の成長が維持されることを望んでおり、更に2014年に5.8%まで押し上げる方向で舵を取る」との声明を発表した。

世界銀行は、今年の予想である5.3%から来年には成長が加速し、5.4%の成長率を達成するだろうと予想している。

ベトナムは世界最大のロブスタコーヒーの生産国であり、12月には120,000トン(200万コーヒーパック)を輸出する。

これは2012年の同月から50%低下した水準となったと政府は発表した。

また、統計局による調査によると11月のコーヒー輸出量は80,000トンであった。

2013年のコーヒー輸出量は129万トンであり、昨年と比較して25.7%落下した。

2013年の米輸出量は672万トン、前年比16.1%下落した。

米輸出量からの収入は29億9000万ドル、前年比18.7%下落した。

ベトナム(世界の2012年のインドの後の2番目に大きな輸出国)からのライスの輸出品が今年710万〜720万メートルトンまで落ちると予測されました、を下って、薄い買う需要および高い供給により2012年からの約10パーセントによって。

ベトナムは世界最大の米輸出国であるインドの次に最大の輸出国であるが、今年の生産予測は需要と供給のバランスの変化から710万〜720万トンとなり、2012年比10%下落する。

 

記事番号:2014010217
【2014年1月2日(ベトナム)記者:MAI NGUYEN】

 

ホームに戻る