banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

輸送オフィス用地、共同事業として入札実施

鉄道省管轄の道路輸送局(RTD)はヤンゴンとバゴー地区に共同事業としての新オフィス開設にあたり現地及び海外企業家への指名競争入札を行った。入札期限は1月30日となっている。

入札対象となっている地域は、ヤンゴンのタウッチャン郡区にある3エーカーの事務所、バゴーのミンラ郡区の1.4エーカーの事務所、チャンミャターシーの1エーカーの倉庫と輸送事務所、及びヤンゴンの2エーカーの旅客輸送局となる。

RTDは今月初旬にモウラミャインでの2.14エーカーの事務所に関して地元及び海外ビジネスマン向けに同様の入札を行った。

同局は財政難と人材不足に直面しており、入札によるプロジェクトを実施したとのこと。

RTDはまた、今年度後半に高速商用車サービスの増強を視野に入れていると述べた。

 

記事番号:2014013037
【2014年1月30日(ヤンゴン)記者:Htet Aung】

ホームに戻る