banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

タイ航空2014年は黒字回復の兆し

タイの国際キャリアであるタイ航空は、「昨年上半期は大幅な赤字に苦しんだが、2014年は黒字回復の兆しが見られる」と声明した。

同社代表代理だるPresident Chokchai Panyayong氏の調査報告によると、今年は既に座席の76%を販売し、少なくとも5%の収益成長率が見込める模様である。

タイ航空(今月、同社代表は体調不良を理由に辞職している)は、他社との熾烈な競争および外国為替損によって大打撃を受け四半期連続で大幅な赤字を計上している。

 

記事番号:2014011624
【2014年1月16日(タイ)記者: Manunphattra Dhanananphorn】

 

ホームに戻る