banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

FMI、経済成長へ向けて25万新株を発行

投資企業であるファースト・ミャンマー・インベストメント社(FMI)は先週、1株あたり1万チャットにて追加の25万株を新たに公開すると報じた。1月22日に販売された株は先着順で1、150株が入手可能であると、同社は述べた。

追加株は、既存の株主へ250万株売却し、総売却代金が売上から275億チャット(2790万ドル)に到達するであろうと発表された後に強い需要により公開、その内の収益はティワラ経済特区へ使用され、FMIは5%から9%のミャンマーの主要なプロジェクトを保持することとなる。

その他のプロジェクトは、FMI航空におけるチャーター便の取り扱いのみならず、ミーヤター・インターナショナル・ホテルへの投資、ヤンゴン市街の10エーカーの不動産の開発等を含む、ヤンゴンのスカイラインを改修するよう国家から依頼されている。

 

記事番号:2014020614
【2014年2月6日(ヤンゴン)記者:Daisuke Lon】

ホームに戻る