banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの果物野菜輸出高が3,400万ドルへ到達

果物、野菜輸出高、3400万ドルへ到達する

果物、野菜輸出高、3400万ドルへ到達する

官庁統計によると、ミャンマーは2013年〜14年会計年度の最初の9ヶ月で果物と野菜の輸出高が3498万ドルに登ったという。

前年度において、国は海外市場向けに7383万ドル相当の輸出を想定していた。ミャンマーは国境貿易において近隣諸国へ果物と野菜の輸出を行ってきた程度だ。

昨年の5月から、船貨によるシンガポールへの輸出も開始された。ミャンマーはまた、アジア市場の拡大に向けて近い将来日本へも輸出を行うであろうと、商務省は述べる。

ミャンマーは主にマンゴー、メロン、及びキュウリを近隣諸国へ輸出している。

 

記事番号:2014021311
【2014年2月13日(ヤンゴン)記者:Su Su】

ホームに戻る