banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー投資フォーラム、ニューヨークにて初開催

投資企業管理局(DICA)長官のU Aung Naing Oo氏によると、米国の投資家を惹きつける事を目的として、ミャンマー・インベストメント・アウトリーチ ビジネス & インベストメント・フォーラムが2014年6月に初開催されるとのこと。

フォーラムでは、ビジネス環境をとりまくパネルや法典の概要を規定する為のミャンマーの投資法や規則を話し合うだけでなく、発展している部門への投資の機会についても話し合われるとU Aung Naing Oo氏は言った。米国を本拠地とするペニンシュラ・プレスによれば、フォーラムは主にKBZ銀行、シティ・マート・ホールディングス社、ロイ・ヘイン社、デルコ鉱業、シュエ・タン開発、ミャンマー・シチズン銀行、グリーン建設グループ、及びUMG社等の現地企業が提供している。

ペニンシュラ・プレス東南アジア地区局長であるKathleen Delacy氏によると、ミャンマーの政治・経済の変化へ重点を置くニュースレターは、じきに160を超える国々で発行される予定であると述べた。

 

記事番号:2014022031
【2014年2月20日(ヤンゴン)記者:Aye Myat】

ホームに戻る