banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー工業省 低コスト乗用車開発に着手

ミャンマー工業省 低コスト乗用車開発に着手

ミャンマー工業省 低コスト乗用車開発に着手

ミャンマー工業省によると、600万チャット(6,000ドル)程度の低価格乗用車の製造開発を早期に進めていくことが明らかとなった。

情報筋(匿名)からは、「工業省がミャンマー現地会社とミニモデルの自動車製造するように協力し、取引先も慎重に協議した上で今月中にも発表される見込み」とされている。

ミャンマー自動車市場において、地方部では小型車の需要は強いものの、輸入規制緩和の恩恵は受けてない。地方向けに自動車開発産業を支援していくことが、新しい試みとなる。

自動車開発生産にあたっては、すでに多くの自動車部品が中国から輸入されている。

 

記事番号:2014020643
【2014年2月6日(ヤンゴン)記者:Phyu Thit Lwin】

ホームに戻る