banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

独ハンスグローエ社が、カイン州水源計画を支援

独ハンスグローエ カイン州水源計画を支援

独ハンスグローエ カイン州水源計画を支援

ミャンマー・カイン州の州都パアンを中心とした地域開発計画(ADP)援助の一環で、独の衛生器具メーカー「ハンスグローエ」が国際団体との共同支援を表明した。ハンスグローエからは8,500ドルが寄付され、寄付金は児童に清潔で安全な水の供給を行うため、井戸の修復・新規構築、学校施設の衛生環境整備に充てられることとなった。

地域開発計画では、地域コミュニティの生活改善もさることながら、利用可能な資源を適切に見極め、基本的なニーズを選別した上で環境保全・開発向上していくことを目的としている。

今回の計画については2018年9月までの長期的なもので、パアン住民が外的支援に依存をすることなく、持続可能かつ重要な取り組みを処理できることがゴールであると設定されている。

ハンスグローエの地域交流部マーケティングマネージャーであるWinnie Quek氏は、「私たちは、企業努力を行う中で、微力ながらも意味のある方法で社会的役割を毎年果たすようにしている。居住環境・衛生環境に安全さを提供したので、特に子ども達の生活の質が上がっていけば」と述べた。

ハンスグローエは1901年設立の独企業で、ミャンマーにオペレーションを持っている。

 

記事番号:2014020637
【2014年2月6日(ヤンゴン)記者:Shein Thu Aung】

ホームに戻る