banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ライオン・エアー、ボーイング787型機の受注ストップ

ライオン・エアー、ボーイング787型機の受注ストップ

ライオン・エアー、ボーイング787型機の受注ストップ

インドネシアの格安航空会社ライオンエアー社は、ボーイング787型機5機の発注をキャンセルし、小型モデルの737型機に変更する予定であると発表した。

同社は、更に350名以上の乗客に毎回のフライトを提供するため、787および788型機よりもワイド・ボディー航空機を2015年中に再注文する見込みである。

737型機シリーズは、既に多数のモデルが存在する。

ワイド・ボディー航空機は、来年に発注される予定であり、国内便の多くに採用される可能性が高い。

ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港を採用するプライベート・キャリアは、近年大きな成長を見せている。

また、いくつかの報告書によると、多くの格安航空キャリアが業界トップであるエアーアジアに手が届くところにあるとしている。

今年の1月には、ライオンエアーはタイ市場に参入し、バンコクのドンムアン空港からマレーシアのクアラルンプール便を運行している。

 

記事番号:2014020623
【2014年1月30日(インドネシア)記者:Su Su】

 

ホームに戻る