banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

日本 ミャンマーへ1680万ドルの開発補助金提供へ

在ミャンマー日本大使館はミャンマーにおける健康・身体発達、道路、橋梁分野へ1716万円(1682万ドル)の助成を行った。

ミャンマー国家戦力・経済開発省と在ヤンゴン日本大使館は、先週ネピドーにて、これに関わる2案件への合意書に署名を行った。

これらの2つの契約では、ヤンゴン総合病院への医療機器改善の為の978万円の援助と、ミャンマー西部ラカイン州における道路及び橋梁建設・保守への機器備え付けに使用される738万円が日本から供与されることとなる。

一昨年、日本政府は 世界銀行とアジア開発銀行への未払負債を補填する為に、総額でおおよそ9億ドルのつなぎ融資を実施した。それに加え、日本の総理大臣である安倍晋三氏は昨年のミャンマー滞在時にミャンマーへの3兆ドル超の負債を取り消した。日本政府はまた、制裁解除以来、東南アジア諸国のフロンティア市場の獲得を目的としてミャンマーへ何百万ドルもの開発援助を実施している。

 

記事番号:2014022711
【2014年2月27日(ヤンゴン)記者:Su Su】

ホームに戻る