banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの保険業界に世界第3位のウィリス・グループが注目

Willis Group ホールディングスは成長しつつあるミャンマーの保険業界への参入のため、駐在員事務所を開設したとイギリスのリスクアドバイザーは話している。

ヤンゴンに位置するそのオフィスは、多国籍企業やアジアのクライアントベースを支援し、接点のある国内企業及びミャンマーの保険を提供する。

Willis Groups ミャンマーの保険業界に注目

Willis Groups ミャンマーの保険業界に注目

政治・経済の改革は危機管理サービスや製品などの需要を高め、特にインフラ整備や建設、運送、通信、エネルギー部門などが顕著に表れている。

アジア担当の責任者であるAdam Garrard氏は、「私はミャンマーの成長の波を見てきており、    ヤンゴンでの展開はかなり盛り上がるでしょう。多くの天然資源や若年人口数の高い魅力ある国です。

Willis Groups ミャンマーの保険業界に注目

 

ミャンマーの保険業界はま比較的にまだ初期の開発段階であり、私たちが最初の、そして巨大な国際的仲介業者となれることを誇らしく思っています。」と述べている。

Willis Groupは世界第三位の保険仲介業者であり、その経験や専門分野の知識は保険業界の開発の手助けとなる。

「ミャンマーの経済史の転機として、これは見逃せない機会である。わたしたちの存在は、地元の人々や世界中のクライアントとミャンマーの保険を密接に連携させることを可能にさせるでしょう。」と、代表執行役であるKhaing Zar Aung氏は話す。

Willis Groupはすでにミャンマーの保険に関して強い結びつきを構築している。「新しいオフィスはそのような結びつきにより事業を進め、皆様のお役に立てるでしょう。Willisはミャンマーの保険業界に対し、最新のリスク経営革新と最良の実践モデルの開発を提供します。」と付け加えてた。

Willis Groupは18,000人以上の従業員と世界中に400以上もの支店をもち、33億ドルを超える収益を上げる企業である。

記事番号:2014032727
2014年3月27日 記者 Phyu Thit Lwin

ホームに戻る