banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

EU 主要自動車部品業者へ罰金を科す

EU 主要自動車部品業者へ罰金を科す

EU 主要自動車部品業者へ罰金を科す

欧州連合は、消費者を食い物にする自動車・トラック産業での主要自動車部品市場の不正操作に対し、欧州系2社と日系4社に対し総額でおおよそ10億ユーロ(10億4000ドル)の罰金を科した。

EU独占禁止委員であるJoaquin Almunia氏は、先週、現時点でEUが発見した自動車産業での市場操作は少なくとも3件あると述べた。また同氏は、別件の6つの調査が進められていると言った。

Almunia氏は「もう一つの自動車部品が調査されているのは素晴らしいことだ」と言った。「かけられた罰則金で、この産業における不法行為や競争回復の援助活動から企業を思いとどまらせたい」と豊富を述べた。

ドイツのBoth Shaeffler社とスゥエーデンのSKF社は3億ユーロ(4億ドル)を上回る罰金を科された。(エージェンシーズ)

 

記事番号:2014032740
【2014年3月27日(ヤンゴン)記者: N/A】

ホームに戻る