banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

オランダ、ミャンマー観光分野の援助へ

関連筋によると、ミャンマーはオランダから観光分野の開発において金銭的援助をうけるとのこと。

観光省、発展途上国輸入促進センター(CBI)、及びオランダ国際貿易センター(TIC)間の会合にて告げられた。

オランダ信託ファンドによる資金援助は、CBIとTICの合意の元ミャンマーの観光開発のために国家輸出戦略の実施へ提供される。

ミャンマーは、観光に関連した国際組織の援助によるマスタープラン2013−2020を実施している。

ミャンマーへ訪れる観光客は2012年には106万人にまで跳ね上がり、2013年には204万人に増加したと、政府は述べた。

官庁統計によると、観光分野への対外投資は1月末までで15億5000万ドルに到達し、ミャンマーにおける外国直接投資の総額4.39%を占めた。

 

記事欄:経済・国内
記事番号:2014042414【2014年4月24日(ヤンゴン)記者:Phyu Thit Lwin 】

 

ホームに戻る