banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

オーストラリアのホライゾン・オイル社とロック・オイル社 合弁へ

オーストラリアのホライゾン・オイル社とロック・オイル社 合弁へ

オーストラリアのホライゾン・オイル社とロック・オイル社 合弁へ

オーストラリアの石油・天然ガス開発を手がけるホライゾン・オイル社とロック・オイル社は、アジアを焦点とした8億オーストラリアドルものエネルギー供給会社の合弁することを合意した。

これにより、両社の独立採算制よりも高い利益が確保でき、合弁会社は中国、パプアニューギニア、マレーシア、ミャンマー、オーストラリア、そしてニュージーランドに資産をもつことになる。

「この取引はとてもユニークであり、アジアを焦点とした中期E&P( 探査及び調査 ) の勝者となる補完的資産を両社にもたらす待ち望んでいた機会である。」とロック・オイル社取締役兼合弁会社取締役に就任を予定しているMike Harding氏はそう述べている。

この契約のもと、ホライゾン・オイル社の株主は、1口あたり0.724枚分のロック・オイル社の株式を受領し、合弁会社の58%の株式を保有する。ロック・オイル社の株主は42%を保有することになる。

ホライゾン・オイル社はニュージーランドの開発から自身の2013年度収益の66%を利益としてあげ、34%を中国から得ている。それに対し、ロック・オイル社は76%を中国から、11%をアジア、7%を英国から得ている。

 

記事番号:2014050828
【2014年5月08日(ヤンゴン)記者:Maggie Lu Yueyang】

ホームに戻る