banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ファーウェイ、新モデルAscend P7でスマートフォン市場を狙う

中国ファーウェイテクノロジー社は、未だアップルとサムソンが基準である携帯電話市場の上位に食い込む努力の一環として、2代目のフラッグシップモデルとなるAscend P7を発表した。

世界最小の薄さとなる6.5ミリで仕上げられたAscend p7は、今月イギリス、ドイツ、中国を含む31の市場にて449ポンド(630ドル)にて販売開始される。

スウェーデンのエリクソンと並んで電気通信部品で知られるファーウェイは、サムソンとアップルが独自ブランドのスマートフォンとタブレットPCを発表後のわずか3年で世界3位のスマートフォン製造企業へ成長した。

同社の国際的なスマートフォン市場でのシェアは、2012年の4%から4.9%へ増加したが、依然としてサムスンの31.3%とアップルの15.3%からは大きく後れを取っていると、市場リサーチ企業のIDCは言う。

最新モデルのP7は、5インチのタッチスクリーンと低光量の条件下用にデザインされた8メガピクセルの全面カメラと13メガピクセルの背面カメラが装備されている。

 

記事番号:2014051541
【2014年5月15日 記者:Kyaw Min】

ホームに戻る