banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

フィリピン、ミャンマー空域協定へ

フィリピン、ミャンマー空域協定へ

フィリピン、ミャンマー空域協定へ

ミャンマーは、貿易と投資を押し上げようと企て、飛行頻度および座席割付けを増加させることにより、1979年に調印された初期の協定を更新して、フィリピンとの新しい空域協定に署名した。

航空業務上の合意書は先週火曜日に2か国によって署名された。

フィリピンの民間航空委員会(CAB)重役のCarmelo Arcillaは、ミャンマーとマニラ間でのこの新しい取引きではフィリピンの指定された航空会社およびミャンマーに週合計3,780席または1日3フライトを認めると発表した。

現在ミャンマーには3つの国際空港がある。

Carmelo Arcilla は、両国がマニラおよびミャンマーを拠点とする空港とフィリピンを拠点とする空港間の無制限の乗り入れ権(オープンスカイ)に同意したと述べた。

ミャンマーは、フィリピンとの直接的な開発の可能性と共に、約6000万人もの経済効果があると述べている。

フィリピン航空およびセブ・パシフィック航空は、以前からミャンマーへ増大する直行便に対し関心を示していた。

他にも3つの空の自由化として、1月のフランスと協定、2月のシンガポールおよび3月のニュージーランド等、今年フィリピンによって締結されている。

またアキノ政権はオープン・スカイ政策の一部として空路会談を追求している。

ニノイ・アキノ国際空港を始め、他の空港もより多くの外国への交通網が築かれていくであろう。

これによりフィリピンの観光客数は、2016年には10万人に倍増すると予想されている。

 

記事番号:2014052914
【2014年5月29日記者 Kyaw Min】

 

ホームに戻る