banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー投資委員会を改良

ミャンマー投資委員会(MIC)は、新会長として、国のエネルギー大臣に任命され、11〜13からのメンバーに加え、副会長を追加したと情報筋が語った。

ミャンマーへの外国投資のMIC許可申請数を容易にするため努力している。

委任はWin Shein氏(金融大臣)に代わり、議長としてエネルギー大臣のZayar Aung氏が任命された。

他のメンバーには財務博士のMaung Maung Thein氏、国家計画経済開発のDaw Lei Lei Thein副大臣、ミャンマー連邦観光省のHtay Aung大臣は総務省の副会長に任命された。

これまでのところ、MICは、現地企業家からの30のプロジェクトを許可している。その一方で60は外国人投資者から許可を得ている。

ミャンマーは、製造、不動産、ホテル、観光、鉱業、交通機関で13.4億ドル。リードする通信分野においては、2014年最初の4ヶ月で外国投資における22.1億ドルを受け取った。

ミャンマーの総外国投資は、4月の時点で464.8億ドルに達した。 ミャンマーは2012年11月に新たな外国投資法を制定するため総務省が1994年に結成された。

 

記事番号:2014060501
【2014年6月5日記者 Wai Linn Kyaw】

ホームに戻る