banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

韓国、ミャンマーに工科大学を開く

韓国とミャンマーは、東南アジアの国で理工大学を開くことにより、技術開発に協力する。

政府は博士Aung Kyaw Myat科学技術副大臣によりこのプロジェクトのミャンマー、韓国間の草案覚書を承認した。

韓国工科大学と科学技術省ら計画科目やカリキュラムの更なる議論のための事業化調査を進めています。

韓国は農業とその機械化、灌漑技術、農村社会経済開発、公衆衛生などのセクター数の開発にミャンマーを支援してきた。

韓国国際協力団(KOICA)は、韓国へのミャンマー農産物の輸出を奨励し、農業の発展のために実装されているいくつかのプロジェクトの支援を行っている。

首都の他の地域で農地をアップグレードしながらKOICAはまた、Yezin、ネー·ピー·ドーで農家訓練することにより、農業を機械化をし、ミャンマーを助けた。 枠組み合意下では、KOICAは道路網、国家と統計システム、会議、機械化農業と森林の緑化の土地改革プログラムの能力開発戦略策定にミャンマーを支援するため、2013年無償資金協力を拡張した。

ミャンマーと韓国の二国間貿易は、韓国へのミャンマーの輸出額5億5459万ドルを占め、2013年には17.6億ドルに達した。

 

記事番号:2014061911
【2014年6月19日 記者 Zwe Wai】

ホームに戻る