banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

中国が多くの原料を輸入するとともに魚肉価格増加

魚肉を地元価格高騰への対応や地元での製造よりも、魚やエビのための食糧を輸入することを決定したと、製造者連盟が発表した。

中国からの魚肉の原料需要の増加は、この一年間の魚肉価格を押し上げている。

2013年6月には、魚肉を製造するために使用されているゴマの1.6キロの価格は、1.2ドル〜1.4ドルであったが、今年は1.4ドル〜1.5ドルに増加している 。

現在、地元漁業は魚の食品を作るために、インド、アルゼンチン、ブラジル、アメリカからゴマや豆を輸入している。「外国の輸入魚肉はミャンマーが漁業生産を次第に減らすことだろう」協会の議長、Thet Hmuu博士は語った。

弱い政府の支援を受け、畜産業における起業家の数は、直接魚肉に影響を与え減少している。

値上げのためには多くの理由がある。 輸送コストや中国からの需要が理由の一部であると、家畜ビジネスマンは述べた。

新政府が権力を握ったので、中国への魚肉原料の輸出の割合が価格の上昇を引き起こしており、大幅に増加していると起業家が批判した。

 

記事番号:2014062610
【2014年6月26日 記者 May Soe San 】

 

 

ホームに戻る