banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

関係当局筋、研究目的としてミャンマーへ原子炉建設実施へ

ミャンマー当局は必要な基盤が整備され次第、研究目的として原子炉建設を実施すると、科学技術庁のKo Ko Oo博士は述べた。

Ko Ko Oo博士は、核エネルギー使用への懸念が問われた際、核エネルギー技術の応用が様々な分野で、とりわけ保険・衛生、農業、畜産業へ利益をもたらす可能性を議会上院で語った。

同氏は、より有用に原子炉の研究を実施するために原子炉建設への必要性を強く主張したが、政府は未だもって放射線防御策、核兵器拡散防止法立案、核技術開発や人材育成の実施に錯綜していると語った。

 

記事番号:2014073104
【2014年7月31日 記者:Aung Phyo】

ホームに戻る