banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

PTT社、ミャンマーの潤滑油ビジネス発展を後押しする

PTT社、ミャンマーの潤滑油ビジネス発展を後押しする

PTT社、ミャンマーの潤滑油ビジネス発展を後押しする

タイにおける石油業界のリーダーであるPTT社は、現地企業とミャンマー国内販売代理店として契約することでミャンマーにおける潤滑油ビジネスを発展させた。

契約内容によると、タン・スター社はPTT社潤滑油製品の一手販売人としてミャンマーでの5年契約を手にした。

PTT社とタン・スター社は6年に渡る潤滑製品の開発に携わり、この両社の協業はPTT社の潤滑製品の販売量に堅調な伸びをもたらした。

PTT社製品はミャンマーで8%のマーケットシェアを保持し、東南アジア諸国における3番目に大きな潤滑剤販売企業となる。

この両社のパートナーシップにより、ミャンマー国内で今後5年間で年間1,500万リットルのPTT社製品の売上げ成長が期待されている。

 

記事番号:2014073108
【2014年7月31日 記者:Aye Myat】

ホームに戻る