banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

鉱物、化石燃料の生産 下落

Le Le Thein 国家戦略・経済開発相は、2013 – 14年度下半期の鉱物及び化石燃料の生産が下落したと伝えている。自国の生産高の減少とタイから輸入している天然ガスが期待していた量よりも少なかったため、エネルギー抽出目標のうち82.5%までにとどまっているためだ。

鉱業に関しては、未だ小規模であることやカチン州にあるローン・キン、ファ・カント地方での武力衝突により鉱業の競争力低下も原因となっている。

同相は現在、荒廃した地域の改修計画や各プロジェクトの実施、承認を通した上での石油事業の改革を提案している。

 

記事番号:2014080705_2
【2014年8月7日(ヤンゴン)記者:May Soe San】

 

ホームに戻る