banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ラオス、メコン・ダム建設遅延調査へ同意する

ラオスは、ベトナムからのダム開発遅延要求を受け、メコン川水力発電プロジェクトへの近隣諸国による調査受け入れに同意した。

通知書則って進めらてきたDon Sahong水力発電プロジェクトは、代わりとして環境へ悪影響のない形で加盟国へ取り組む機会を与える事前協議として知られる過程を辿ると、東南アジアを動脈として接続可能な開発を促進する加盟国と連携しているメコン川委員会は述べた。

「この過程は他国との協業意欲の現れでもあるが、言葉の違いにより一国が深読みしてしまう可能性もありうる」とワシントンに本部を置く戦略・国際問題研究所、準研究員のPhung Nguyen氏は述べた。

「ラオスがダム建設への極めて経済的な代替案を持ち得ない限り、一時的に他国との協業が試みられるのみだ」とNguyen氏は電話インタビューに答えた。

ラオス政府は7月26日にバンコクで開催された委員会会合での声明において、Don Sahongプロジェクトを責任のある持続可能な方法での進展を約束し、水力発電開発は最重要課題であり、ラオス経済へ刺激を与える鍵となる。

(Bloomberg)

記事番号:2014081421
【2014年8月14日 記者:Suttinee Yuvejwatana & Jason Folkmanis】

ホームに戻る