banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

土地所有者、ヤンゴン環状鉄道改修プロジェクトの補償を受ける

ヤンゴン環状鉄道補修プロジェクト管内の土地所有者は、市場地価に基づき補償されることとなると、ミャンマー国営鉄道マネージャーであるU Tun Aung Thin氏は述べた。

ミャンマー鉄道と国際協力機構の協業によるプロジェクトは、2015年には開始予定であり、高速列車走行実施、線路補修、及び悪化するヤンゴンの

交通量緩和が上げられている。

「今後数ヶ月の内にプロジェクト界隈の土地は事前に土地所有権確認への検査が開始され、補償が行われるだろう。地元住民がその土地の所有権を

保持しているならば、政府の計画に基づいて保証金が支払われるだろう」とU Tun Aung Thin氏は当誌へ語った。

「政府がどの程度のサポートを実施するかにもよるが、ミャンマー鉄道敷地内の簡易の宿泊施設で生活を余儀なくされている住民は開放されるだろう。」と述べた。

プロジェクト地域内の住民は「プロジェクト地域の土地所有者は、ヤンゴンの地価高騰に伴い市場地価に基づく補償は実施されないだろうと政府の対応を懸念している」と言った。

また「その時が来れば、当局関係者が言い訳を作り上げ、市場価格での支払いを拒み、口論となるだろう」と付け加えた。

記事番号:2014082105
【2014年8月21日 記者:Kyaw Min】

ホームに戻る