banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

IP法草案、政府より近日提出

IP法草案、政府より近日提出

IP法草案、政府より近日提出

ミャンマーでは近々、政府により知的財産権の草案が発表されることになっている。

著作権法とのかい離を少しでも埋めるための措置だと科学技術省のDr.バ・シュウェは話している。当法案は政府の承認を得る前に弁護士と調整が続けられて おり、施工により地元特許権者を刺激することや保護につながる。このほか、創作権や工業デザイン権、商標権、著作権なども引き続き調整が行われている。 科学技術省は同法案の支援を行うという韓国の知的財産権を取り扱うオフィスとの了解覚書に署名も済ませ、政府は米国特許商標庁 ( USPTO ) 及び欧州共同体商標意匠庁との連携もはじめている。 外国からの投資を維持し続けるには、知的財産権を確立し事業の保護が必要だと上院議員であるソウ・マウ・タン氏は話している。

この法律を確立するためには、多くのビジネスマンのために中長期の目線で取り組み、国際標準でなければならない。 「現在のミャンマーの状況に適し、国際標準に見合う内容かどうか考慮し、なおかつ、施工後についても大衆の認知度を高め、法令順守を確保しなければならい。」と出版社キット・ヤナントのキン・レイ氏は述べている。

 

記事番号:2014082106
【2014年8月21日(ヤンゴン)記者: Phyo Thu 】

ホームに戻る