banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーの自動車輸入業者、政府方針に安定を求める

過去3年で9度に及ぶ自動車輸入規則変更承認後、自動車産業は 現会計年度内における如何なる方針の変更をも事前に知らせる様、政府へ要求した。

商務省と国内輸送局により度々実施される方針の変更は、輸入者の間に多くの複雑にさせる要因と混乱を生じさせていると、自動車輸入業者販売業者、業外専門家は言う。

「我々は現状の自動車輸入規則や関税率、運賃保険料込み条件(CIF)等に変更が実施される予定が情報が欲しい」と自動車輸入販売協会代表のDr Soe Tun氏は述べた。

「他の国では規則変更が実施される一年前には政府から情報が提供されている」と付け加えた。同氏によると、当局は左ハンドル車のみの輸入許可、一般に「ピンク伝票」として知られる輸入伝票制度の廃止等が噂されているとのこと。

政府は輸入が許可される間、古い車の代替車を提供する代車プログラムを開始させた。 伝票は持ち主が新車の輸入と低率の税金、関税率の享受を許可するものである。

 

記事番号:2014082138
【2014年8月21日 記者:Phyo Thu】

 

ホームに戻る