banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

eBay PayPalの分社化を検討

eBay PayPalの分社化を検討

eBay PayPalの分社化を検討

eBayは自社の決済事業であるPayPalの分離・独立を、早ければ来年にも実施すると報道されている。

同社は分社化後のPayPalの最高責任者に、6月に辞任し現在facebookの副社長を務めるデビッド・マーカス氏を有力候補としてあげている。以前は分社化を拒否していたが、方針転換となる形だ。eBayのCEOであるジョン・ドナホー氏は、著名投資家として知られているカール・アイカーン氏により提案されていた決済事業の分社化に反対していた経緯がある。

当時、PayPalはeBayにとって必要不可欠なものであり、分社は考えられないとしていた。

「役員会は、PayPalとeBayの長期的な価値や成長力と競争力の強化などすべての選択肢を出し、評価を続けるでしょう。この点は変わることはない。」と広報担当官 アマンダ・ミラー氏は述べている。

eBayがPayPalの一部またはすべてを分社化するかどうか、また、どのような仕組みをとっていくのかについて明確に決まっていない。アイカーン氏は最終的に4月に要求を撤回しているが、近い将来実行されるPayPalの分社化について支援すると述べている。

一部の投資家は、PayPalの独立はeBayのライバルとなるオンライン小売業者を引き寄せることにより成長することができると感じている。

記事番号:2014082832
【2014年8月28日(ヤンゴン)記者: Supantha Mukherjee & Edwin Chan 】

ホームに戻る