banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

政府関連当局、6ヶ月以内にビデオ会議システム導入へ

政府当局とのビデオ会議は来年度初めに実施されると、飼育漁業省及び農村開発局は報じた。

計画はeガバメント政策の一環として推し進められることとなる。システム本稼動後には、当局職員はオフィスを離れることなく会議を招集することが可能となると述べた。

また、本システムは今後半年以内に導入される見込みであると付け加えた。

「プロジェクトの工程表は間もなく公表されるであろう。eガバメント・システムの実用レベルへの改修に向けて動き始めている」と農村開発局ダイレクターであるDr Tun Lwin氏は当誌へ語った。また、当局関連筋によると、多様な政府機関から職員向けの研修提供をも予定している。

この一連の過程における差し迫った障害の一つとして、ミャンマー国内のインターネットスピードが極めて遅いことが上げられ、これは全ての分野においての生産性に影響を与えている。

「各省庁がこのプログラムを実施することを想定された、eガバメント・システムに関する明確なゴールが設定されるべきだ。例えばもし私が自動車運転免許証を更新したい場合、実際どこで、どのように手続きを取れば良いかを具体的にする必要がある」とコンピューター専門業者協会Dr Tun Thura Thet会長は述べた。

「現在のところ、政府のウェブサイトを運営するだけの要領しかないが、どこまで要領が耐え得るか地方レベルでの会話が実施されている」と同氏は付け加えた。

eガバメント・システムを監視する為に委員会は組織された。委員会はプロジェクトの追加予算に対して支払いへの責任を持たなければならないであろう。

U Thein Sein大統領は、組合と関係省庁へ一般消費者のニーズと各省庁で実施される20ヶ月プロジェクトのeガバメント・システムへの実用的に適用可能な電気通信とインターネットサービスの質の向上を指示した。

「何がプロセスの障害となっているかは、慣習的に関係当局の間で会話されており、彼らだけの間ではない。この問題はビジネス専門者の問題でもある」とMCPAのU Zaw Thurein Tun氏は語った。

オンライン決算システムの導入よって幅広く利用されることに伴ってミャンマーにおける携帯電話の使用率は上昇しており、eガバメント・システムが導入されれば、一般市民が役所等に出向く時間を大幅に削減するだろう。

記事番号:2014082806
【2014年8月28日 記者:Htun Htun Minn】

ホームに戻る