banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

MAI、10月から大阪へ就航

 MAI、10月から大阪へ就航

MAI、10月から大阪へ就航

国営のミャンマー国際航空 ( MAI ) は、10月8日からヤンゴンおよび日本の3番目に大きな都市大阪へのフライトを始める予定であると発表した。

航空事業は、カンボジアの首都プノンペン経由で1週あたり3便で就航する。

これは、2000年3月以来全日空がミャンマーから大阪への航空サービスを停止させた後、ミャンマーの最初のフライトになる。

チャーター便専用とはなっているものの、これは大阪の関西国際空港からカンボジアへの最初の定期飛行となる。ミャンマーを代表する航空会社であるMAIは、ミャンマーの仏教遺産へ訪問する日本人観光客からの強い要望から同便を開設し、利益を得ようと考えている。

ミャンマーへのビジネス渡航者数が膨れ上がっている中、航空会社は「サービスをチャーター便から規則的な定期飛行にアップグレードすることを考慮している。」と述べている。

記事番号:2014090417
【2014年9月4日(ヤンゴン)記者: Kyaw Min 】

ホームに戻る