banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーからの欧州向け豆輸出、思わぬ障害

欧州向けビーン輸出、思わぬ障害

欧州向けビーン輸出、思わぬ障害

ミャンマーパルス・豆類及びごま種子商業組合 ( MPBSMA ) によると、欧州向けに豆類及びミャンマーパルスの輸出を拡張する計画は、国際的な認証および適格性認定の不足により困難に直面したと報じられている。

「経済制裁が解かれた後、欧州向けにわずかに輸出したが、彼らは水質のテストだけが目的のようでした。

ミャンマーはEUと結んでいる一般特恵関税制度 ( GSP ) により優遇はされているものの、彼らが求める品質や数量に現段階ではまだ対応できていません。」と協会のコンサルタントであるシュー・ウィン・ミン氏はMyanmar Business Todayに話している。

製品の品質を改善し、殺虫剤の使用を避け、EUが求める水準に見合うようトレーダー育成の努力をしてきたが、それに伴うコストの増加が障害となった。「市場での豆とパルスの在庫は、過去10年で最も低い水準となっており、欧州への輸出もまだわずかとなっている。

種をまくことから蓄えることまでの生産チェーンを効率的に改善することができれば、私たちの製品は新しいマーケットで公開することができるでしょう。」とMPBSMAの会長であるトゥン・ルウィン氏はMyanmarBusiness Todayに話している。

地方の豆及びパルスの市場は実現していない取引や約束を通して価格操作がされていたが、近年は年間約130万トンもの商品がよい値段で取引されている。

商務省によれば、この今年度のミャンマーの豆とパルスの輸出は1,000万ドルアップの3億8,000万ドルに上昇している。統計では、4月1日から8月8日までで豆とパルスの輸出総量は500,669メートルトンに達している。

「インドは、他の国々から類似の要求がない唯一の大手バイヤーである。さらに、私たちは、現在の買い手に対し、さらなるネットワークの拡大をする必要がある。」と氏 は話す。

豆とパルスもインドのほかに、シンガポールとタイへ輸出されており、商品に関する国家戦略計画は仕上げの段階に近づいている。

記事番号:2014090405
【2014年9月4日(ヤンゴン)記者: Phyo Thu 】

ホームに戻る