banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

マイクロソフト、グーグルとEUの問題取り組みを非難

欧州委員会がすすめるグーグルへの独禁法調査について、競争担当委員であるホアキン・アルムニア氏が10月末に終了する前に、最後の抵抗としてマイクロソフト社を含む競合各社が批判を浴びせている。

同担当委員はこの件の調査を終了するか承継者に引き継ぐか、または試験的に3年間様子を見て、検索サービスにおいて競合他社の締め出しを監視するかについて検討している。

アルムニア氏は今年2月に大手検索エンジンの問題解決について取りまとめいた。

氏は被害届を出した18社の抗議を退ける予定であり、彼らの回答について現在検討をしている。

マイクロソフト社の競争法担当部長であるジェーン・イーブ・アート氏は、グーグルの広告主に対する契約上の制限は、彼らがほかの検索サービスへ移行することを難しくしていることについて問題視している。

記事番号:2014091140
【2014年9月11日(ヤンゴン)記者:  】

ホームに戻る