banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

DITP、TILOG 2014を通じてASEAN諸国の物流企業ネットワーク強化に向けて奮闘する

官民両セクター協力にてタイの国際貿易振興局(DITP)は、タイの物流の可能性を紹介する目的として第11回タイ国際物流フェアー2014(TILOG 2014)を計画している。

このイベントは、9月24日から27日の期間にバンナー地区のバンコク国際貿易展示場(BITEC)のビルディング101、及び102にて開催予定であり企業家と物流専門家の間のネットワーク作りを促すことが期待されるとDITPは語った。

また、物流分野における大手見本市であるTILOG 2014は、企業家の作業費を有益に削減を手助けし、ビジネスをASEAN貿易自由化の成果として競争相手の一歩先を進み続けるために、競争上の優位性を強化する刷新と有効な物流ソリューションを紹介すると、DITPは述べた。

商務省DITP局長であるNantawan Sakuntanaga氏は、「このフェアーは主要な戦略一つとして、革新技術と地元及び海外の企業家へ専門企業からソリューショニングを紹介するだけでなくタイにおける物流サービス能力の開発と現地の物流の効率性を示すことにある」と述べた。

同氏はまた、TILOG 2014はASEAN・プラス6諸国における全ての物流企業へ先進のネットワーク・プラットフォームを構築したと語った。

「TILOG 2014は 全ての事業主において事業運営における効率を最大化させる的確な製品、サービス、技術革新等に出会える素晴らしい機会である。

国境を超えて国際市場へ事業を拡張しようとする地元と海外企業への重要な架け橋である」とNantawan氏は述べた。

記事番号:2014091127
【2014年9月11日 記者:Wai Linn Kyaw】

ホームに戻る