banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ヤンゴンの50%の求職者は、オンラインで職を探し始める

2週間前に開催さらたオポチュニティ・ジャーナル主催のジョブフェアーにて職務経歴書を記入した150人超の求職者へアンケートを実施した結果、就職検索サイトWork.com.mmは興味深く、明確な事実を収集し、その情報より学んだ。その事実とは、50%の求職者はもっぱらオフラインで就職情報を閲覧、25%はオンラインでの閲覧、そして残りの25%はオフラインとオンラインのどちらをも駆使して閲覧している事が明らかとなった。

オフラインでの閲覧は、ジャーナル上の求職情報を読むことをメインとしているが、求職者の中には担当者からの就職あっせんを希望してい人も見受けられた。オンライン求職者は言うまでもなく我々が運営するサイトや関連当局のサイトと言うようなジョブサイトを頼りにしている。しかし、驚くことには、求職者はこれらのサイトをダイレクトに利用していないという点にある。Facebookはアンケート回答者から繰り返し返答されるサイトの一つであり、この結果から就職サイト運営者はFacebook上に就職情報を掲載しているということを言及できる。就職情報は(又はFacebook上に掲載された情報は)ワンクリックで友人・知人の間にシェアされる。

それ故にヤンゴン在住の50%もの求職者がオンライン求職へ流れたのだろうか? 早くて割安なインターネットの普及は、確実にその理由の一つであると言えるが、もっと行動を駆り立てる何かがある。実際にはオンライン求職は、「無重力」である。

ウェブサイト上の求職情報と競合する数千ものやりがいのある仕事のオフライン素材に相当する情報を詰め込む必要がある。しかし、問題は求人情報の総数だけではなく、数千に上る情報をどうやって検索条件にヒットさせるかにある。

オンラインシステムは、とりわけロケーション、給与、分野といった参照条件を使用して数千もの求人情報にフィルターを掛けられる様に検索エンジンが組み込まれている。

Work.com.mmの国内マネージャーであるJort Statema氏は、「オンラインは良い調子に進んでいる。簡単で素早くより便利である。上昇が見込まれたミャンマーでのインターネット普及率で、より良い仕事を求めるミャンマーの人々の容易にサポートをする準備が整っている。」

求人サイトは大きなシーソーの様な物だ。より多くの能力のある求職者はより多くの企業から海外勤務というような質の高い仕事のオファーを受けやすく、逆もまた同じ状況にある。そのため、求職者はより多くの情報を掲載するオンラインへ流れることになる。

オンライン生活は、また企業にとっても道理にかなったものである。40,000人の登録者は職を得られ、企業はより効率的に標準化されたCVのプラットフォームによって能力のある人材を獲得可能となる。求職支援者もまた、必要な情報が満たされたCVを使用して意欲的にサポートを実施できる、つまり企業はよりダイナミクスな詳細 資料に基づいて人材探しが出来るということだ。

重要なオンラインへのシフトは現在移行中であり、多くの求職者は取り分けオンライン申請プロセスに懸念を抱えている。「百聞は一見にしかず」本人が直接申請することになると、インターネットは改良されているが、接続が途絶えた際に、果たして企業に申請が送付されたのかどうかという、情報は生きているかという懸念がある。

求職者がオンラインではなく伝統的な方法を好むもう一つの理由は、直接申請はより丁寧であると考えられており、個人的に企業の人事部を訪れ求職にはとりわけよりポジティブな関係を提示できることが出来る。

これらの懸念事項に対処するために、1)申請時と2)既読時に届けられ二つのアラート機能を追加した。尊敬を払うといった項目については、異なる信念を説得することを生業としていないが、オンラインであっても尊敬の念を伝えることは可能であると信じている。実際、CVは求職者の情報を正しく伝える目的としてフルカラーで設計されている。興味や活動、主要なスキル、対象職種、自己紹介の項目は基礎となる業務経験、学歴、そして語学スキルを補足するかたぢでCVのフォーム全面に求職者を表現している。

より完全なCVは求職者がそれぞれのスキルを詳細に説明できる様に設計されている。また、企業は求職者のCVについてより良い判断を下すことが出来る、つまり着きたい職業に高い確率で採用される可能性があることを意味している。

就職サイトとして、仲介業者としての役割をも持つ。最終目標は求職者、CV、企業、就職情報ののそれぞれの立場に立つことにある。そして、それぞれの立場でダイナミックかつユーザーに意識させることなく、企業は適正な人材を発掘し、求職者は求める職業を手にすることを目指す。これは、より多くの求職者へ情報を提供し、オンライン利用者を増加させる為に懸念を軽減することが求められる。

記事番号:2014091850
【2014年9月18日 記者:Bennett Christian】

ホームに戻る