banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

11月、ミャンマーサテライトフォーラム開催

イベント企画者によると、ミャンマーサテライトフォーラムはヤンゴンのミャンマーイベントパークにてコミュニキャスト2014と同時開催されるとのこと。

多くの衛星事業社がミャンマーでコミュニキャスト2014開催期間中にミャンマーサテライトフォーラムへ出席することが予測される。

また企画者によれば、同フォーラムは衛星市場にとってミャンマーの電気通信産業へ存在を示す最大の機会となるであろうと述べた。

ミャンマーは、衛星主権を獲得することを目的として自国の通信衛星を5年以内に打ち上げを行うと見込まれる。

APTサテライト社、エイリアンスペース社、AsiaSat社、コムシス社、エリクソン社、ユーテルサット社、グローバルネット社、ヒューズ社、ニューテック社、O3Bネットワーク社、オプタス社、オービタルサイエンス社、SES社、スピードキャスト・ターレス・アレニア社、

そしてYTPテレポートといった国際事業社が今回のイベントへ参加予定とされる。

フォーラムでの主要テーマは、経済成長急速かさせるブロードバンドパネルの設置、eガバメントシステムの重要性、遠距離学習、eヘルスでありミャンマーのデジタルビレッジとアクセスポイントを利用した衛星の役割を扱うとのこと。

U Thaung Tin通信省副大臣が基調演説を行う予定である。

 記事番号:2014101641
【2014年10月16日 記者:Anug Phyo】

ホームに戻る