banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ティラワSEZホールディングス、長期利潤を目的として更なる株の販売実施へ

ティラワSEZホールディングス、長期利潤を目的として更なる株の販売実施へ

ティラワSEZホールディングス、長期利潤を目的として更なる株の販売実施へ

ミャンマー・ティラワSEZホールディングス社(MTSH)は2015年の証券取引所設立前に再び株の売却を開始したと、同社社長は語った。

「我々は証券取引が開始される前に株の取引を開始する予定である」ヤンゴン郊外にティワラSEZ社の系列として日系2社との合弁企業のミャンマー企業2社の内の一つであるMTSH代表取締役のU Win Aung氏は語った。

公開会社である同社は、株の取引と情報提供のカウンターをミャンマー商工会議所(UMFCCI)と同ロケーションにオープンさせたと同氏は言った。

2013年に行政から許可を得たMTSH社は、公開取引会社として取引を開始してから、300万株以上の売却を実施している。

ティワラSEZ社は長期投資といかなる短期での利益戻しは行わない。同社はここ数ヶ月、主要ポジションである幹部2名の退任により少し不安定な状況にある」と同社の経済・法律アドバイザーであるU Tin Than Oo氏は述べた。

記事番号:2014103010
【2014年10月30日 記者:Aung San Oo】

ホームに戻る