banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマーとブルネイが相互ビザの免除へ

報道によると、ミャンマーとブルネイは二国間で一般パスポート保持者向の相互ビザ免除プログラムを発表したという。

声明の内容は、14日を滞在限度期間とする査証免除は”友好関係の強化と全ての分野における両国の手続きの簡素化、及び2国間の旅行を容易にすること”を目的としている。

ミャンマーとブルネイの両国は、東南アジア諸国連合(ASEAN)の一員である。

ブルネイと1993年に外交関係を結んだミャンマーは今年ブルネイからASEANの議長席を初めて譲りうけた。

記事番号:2014103016
【2014年10月23日 記者:Aung Phyo】

ホームに戻る