banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー中央銀行 外資銀からの融資に規制

ミャンマー中央銀行(CBM)は、中小企業が外国銀行からの貸付を受けられるよう、法令の追加を実施する見込みである。

融資を受けている間の変動利率によるリスクに直面している中小企業が外貨で融資を受けられる様、規制緩和することを目的としている。

「グローバル経済では、将来の市場と変動為替レートに持ちこたえることを可能とする。しかし、これらの市場はここではまだ設立されておらず、ローンに関する規制仕様書を発令する予定である」とCBM関連筋は述べた。

この仕様書は、本年度末までには発表されることとなる。既存のローンに関する限度規則は、国内で営業する企業へ適用されている。

また企業の収益の割合で課させるこの規則は、こういった制約に抵触しないミャンマー・チャットでの融資を受けている期間は、外貨による低担保融資が享受できることとなる。

「外貨での低担保融資は容易なことではない。詳細を全て提出してもらう必要がある。例え標準利率5%融資に興味がある場合においても国内の借主からは高く感じられることだろう。ゆえに、外貨融資は最適な方法ではないと言える。」とKBZ銀行副頭取のU Than Lwin氏は語った。

記事番号:2014111306
【2014年11月6日 記者:Htun Htun Minn】

ホームに戻る