banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ヤンゴン都市開発委員会、資金問題で住宅開発遅延

YCDC、資金問題で住宅開発遅延

YCDC、資金問題で住宅開発遅延

近年ヤンゴン近郊で1万棟から2万棟のマンションが建設されているが、貸借人と銀行を繋ぐ為の十分なシステムが不足してることにより 未だに住宅不足に直面していると、YCDCのアドバイザーは語った。

ヤンゴン都市開発委員会(YCDC)は、手頃な価格でマンションを提供可能とするプロジェクトを遂行していると同中央委員会アドバイザーの Kyaw Latt氏は言う。

「YCDCは総計で5000棟のマンション建設を監視し、当選システムを通してマンション販売を行ってる。また独自の公共住宅プロジェクトの 運営も行っている」と同氏は語った。

1974年代には80平方マイルだったヤンゴン市は、現在では306平方マイルまで管轄区域を広げた。既に500万人に達した人口は、家賃の高騰により 低中所得者向けの住宅不足に直面している。

人間居住住居開発局は、衛星基準を満たせなかった政府と共同で実施する公共住宅プロジェクトを一時中止した。

先月、YCDCはヤンゴン市開発地区におけるより多くの建設を促すべく、オンライン申請システムの運用を開始した。

記事番号:2015010116
【2015年1月2日 記者:Phyo Thu】

ホームに戻る