banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

「ミャンマー・プラザ」、ヤンゴンで最新鋭デパートが2015年12月にオープン

ベトナムの不動産開発業者であるホアン・アイン・ザライ(HAGL)は、4億4400万ドル(約550億円)相当の資産価値のあるミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)の一部を12月上旬にオープンさせる予定だ。

ミャンマー・プラザを「ヤンゴン初となる国際的な商業施設体験」と宣伝するHAGLは、幅広い海外や地元の小売店や生活スタイルの直販店を目玉とする一方で、国内で最大のフードコートを擁する。またオーストラリアを拠点とするコーヒー・チェーンであるグロリア・ジーンズも出店するという。

HAGL Myanmar centre property real estate Myanmar Plaza shopping mall

HAGLは、ミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)に販売スペースを出店することで、一体化したオフィス、五つ星のホテルや住宅などとからの客足も見込めると述べた。

5階建てのミャンマー・プラザはブレイゾンとMKの2つの百貨店を主体とし、顧客らは国際的なブランド、アクセサリーや衣料品を購入できる。加えてChopard、Zegna、Furlaを含む高級ブランドも一部国内に初めて直営店を出店する予定だ。

ミャンマープラザは国内最大級、国際水準のショッピングモール

ミャンマープラザの営業時間は午前9時~午後9時まで

ミャンマー・プラザの売場面積は2,000平米におよび、高級食料雑貨店であるMarketPlace、家電・電気関連の主力店舗、10の生活関連店舗、37の美容やファッション店など100以上のブランドを擁する。

HAGLによれば、ミャンマー・プラザ内には、その他に Ya Kun Kaya Toast、フジ・レストラン、Quicksilver、Skechers、ロクシタンもオープンする予定だ。

4,000平米におよぶフードコートはカフェ、ファーストフード、高級料理店、31店舗ものカフェ、その他シンガポールと日本をコンセプトにデザインされた2つの新しいバーやラウンジも、インヤー湖を望む屋上庭園にオープンする。

【2015年10月19日 記者:Kyaw Min】

元記事: HAGL to Open Myanmar Plaza in December

ミャンマープラザが2015年12月に開業。OPEN時の動画もどうぞ!

ミャンマープラザ、ついにオープン!(Enjoy Yangon)

2016年7月の動画、店内も充実してきました

<ミャンマーのショッピング関連ニュースも合わせてどうぞ!>

イオン(AEON) ミャンマーでの展開を検討
シンガポール不動産会社 ヤンゴン市内に巨大施設建設計画
ヤンゴンでグレードA商業施設「スーレ・スクエア」が2016年8月オープン

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る