banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー政府が貧困続く国境地域のインフラを整備

モン州のインフラ計画拡大

ミャンマー国境省は、モン州の国境地域少数民族開発省に対して追加的に24.55億チャット(約2.3億円)の予算を分配する。モン州はミャンマー東部に位置し、タイと国境を接する州。チャイトーとタトンの開発計画のために予算を投じる。

モン州北部の街、チャイトーでは予算はコンクリートの道路建設、新しい学校を三校、配水プログラムそして新しい橋が七橋かけられることに使われる予定だ。ミャンマー陸軍歩兵大隊も駐屯する街、タトンでは予算を新しい橋の建設、そして電気の通じない村々の120世帯に対し太陽熱発電を提供することに使用する。

「予算を使ってチャイトーとタトンに新しい橋や道路、学校を建設しています。プロジェクトは2016年3月までにすべて完了する予定です。最も開発が遅れている地域に今回のプロジェクトで重点的に取り組みます」と、プロジェクト長を務めるKhin Maung Kyi氏は述べた。

ミャンマー政府は現在国境地域の開発を進めるべく予算を費やしている。国境地域は何十年もの間紛争や放置された状態が続き、発展が遅れ貧困が続いている。

元記事:Mon Infrastructure Projects to Expand
【2015年11月26日 記者:Kyaw Min】

モン州(wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E5%B7%9E

<ミャンマーの地方都市のニュースも合わせてどうぞ!>

ミャンマー航空局がカチン州・チン州で2空港を建設予定
ミャンマー西部のラカイン州政府、新工業団地の契約を締結
タイ企業がミャンマー南東部モン州の工業用地に着目

ホームに戻る