banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

日立製作所、ヤンゴン情報技術大学に「日立ミャンマーラボラトリ」を設立

日立がミャンマーでIT関連の人材育成へ、講座開設とITプラットフォームを提供

日本のハイテク企業である日立製作所はミャンマーにおけるIT専門家の育成を目指し、ヤンゴン情報技術大学(UIT)に日立ミャンマーラボラトリを設立した。

日立製作所はUITの教授や学生向けの講座を提供するための技術者を日本から派遣するだけではなく、講座で使用するサーバなどのITプラットフォームを寄贈するという。

Hitachi Myanamr

(写真)UITの日立ミャンマーラボラトリにて、日立幹部ら

昨今ミャンマーの急速な経済成長や電気、鉄道、通信、金融や観光に対する投資拡大にともない、ITの専門家に対する需要が高まり、ITインフラの開発や熟練した人材の育成が大きな課題となっている。

ミャンマー科学技術省副大臣Ba Shwe氏は「ミャンマーにおけるITの人材開発と経済成長を支える大きな前進」と述べる。

2012年12月に、ヤンゴン情報技術大学(UIT)は、科学技術省により政府の高官や民間企業のCIO(最高情報責任者)等の候補者となりうる熟練したIT人材を育成することを目指した「中核的研究拠点(Center of Excellence:COE)」と指定された。

その後2013年以来、日立製作所はCEOにより選ばれた、UITの教授を日本に招聘し企業や官公庁、政府による研修プログラムを提供してきた。

「日立ミャンマーラボラトリ」の設立によりIT人材の開発が加速されることが期待されている、と日立製作所は語る。今後5年間、日立製作所はヤンゴン情報技術大学の教授や大学院修士課程を対象に2週間のプログラムを年4回開催するとともに、必要なITプラットフォームを提供する。

日立製作所執行役副社長の斎藤裕氏は「このラボラトリで研究を重ねた人材がミャンマーの社会インフラ開発における中心的な役割を担い、ミャンマーと日本の間の橋渡し役となることを期待しています」と述べた。

UIT学長のSaw Sanda Aye氏は「UITの卒業生がミャンマーの国内外で日立と手を携えて行く主要な人材となることを期待しています」と語る。

初年度の講座ではITシステムやデータセンターの運用管理を網羅し、生徒らにIT機器のハンズオンのトレーニングを提供する。次年度以降ではITを使用し様々な社会的課題を解決できる人材の育成を目指す。

日立製作所は今後現地での事業にあわせた卒業した生徒の育成も加味し、さらなる講座内容の拡張を検討する予定だ。

元記事:Hitachi Establishes IT Laboratory at UIT
【2016年12月30日 記者:Thant Zin】

*参考ニュースリリース (日立製作所)
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2015/12/1214.pdf

<日本企業による他のミャンマー進出ニュースも合わせてどうぞ!>

日本通運(ミャンマー)がヤンゴンに物流の子会社を設立
外資系銀行がミャンマーに進出、2016年に続々参入か
ミャンマー初のごみ焼却発電施設、日本企業が受注

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る