banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

国際金融公社がミャンマー流通業界最大手へ29.7億円規模の融資を実行

国際金融公社がシティマートに対し2,500万米ドルの融資を提供、ミャンマーの小売流通に進出

国際金融公社(IFC)は、ミャンマー流通業界最大手であるシティマート・ホールディングス(CMHL)に対し、2,500万米ドルの融資を提供し同社の拡張計画を支援する予定だ。同公社は、民間セクターに対する融資を行っている。

世界銀行グループの一機関である国際金融公社によれば、シティマート・ホールディングスは、融資により今後3年間で国内に約20のスーパーマーケットや大型のスーパーマーケットを新しく建設することができるという。

Citymart yangon supermarket

(写真)ヤンゴンWai Zayandar通りシティマートの店舗

シティマートは1996年に創業し、現在までに150の異なる小売店舗を展開する。今回の拡張により、より多くの農家・細企業・中小企業や、その他のサプライヤーを、同社のサプライチェーンや流通ネットワークに組み込むことができるようになるという。

シティマート・ホールディングスは、国内サプライヤーからの調達を今までの6倍、2021年までに約1億5千万米ドル規模する予定だ。さらに、新しく4,000人の雇用(内半数は女性)を創出する予定だという。

「国際金融公社の投資は、弊社の事業計画に対する信頼と、ミャンマーの小売業界の可能性に対する表れだと思っています」と、シティマート・ホールディングス社長Daw Win Win Tint氏は語る。さらに、「融資に加え、国際金融公社の食の安全性、社会・環境面における活動や企業統治における専門的な知識も、弊社を次の段階に導く手助けになると考えています」と付け加えた。

ミャンマーの小売業界は、120億米ドル規模を誇るが、今のところ大部分が組織立っておらず、組織的な小売店の市場シェアも10%以下だ。一方で、経済成長や長年閉鎖された市場の開放により消費財の需要が高まっている。

「国際金融公社は成長や雇用の創出、サプライチェーンや流通インフラの開発、小規模ビジネスの支援を通して、発展途上国における現代的な小売流通業界の発展を支援します」と、国際金融公社の東アジア・太平洋地域の地域担当長であるVivek Pathak氏は言う。

「我々のグローバルな専門知識や業界の情報を活かし、シティマート・ホールディングズがミャンマーにおける小売流通事業のモデルとなるべく、効率性や基準をともに改善していくことができるのを嬉しく思っています」

国際金融公社は現在ミャンマーの投資環境、融資へのアクセス、インフラを改善すべく政府や民間セクターと協力している。第一段階として電力や通信の分野に重点的に取り組む予定だ。

元記事:IFC Forays into Myanmar Retail Sector through $25m City Mart Loan
【2016年1月18日 記者: Aye Myat】

ホームに戻る