banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

高値が続くミャンマー不動産、政府に市場操作を期待する声も

不動産インフレによりミャンマー経済横ばい続く

ミャンマー不動産の専門家らは、ミャンマーがより多くの外国投資を引き付けることができるよう、不動産市場の操作を規制する政府の政策がすぐさま必要だと、不動産博覧会で述べた。

「不動産価格を変動させることができるよう、政府は政策を変更すべきです。現在ミャンマーの不動産価格は高値が続いている。次期政権が不動産価格を安定させることができると期待しています」オンラインの不動産ポータルサイトを運営するiMyanmar社長のNay Min Thu氏は語る。

yangon downtown property

(写真)対不動産市場の投下資本はあまりに大きく、不動産価格の急落はミャンマーの他業界への影響が懸念される

他方、前大統領経済顧問Aung Tun Thet氏によれば不動産市場に対する投下資本はあまりにも大きいために、不動産価格が急落すれば他の業界にも影響を与えるという。

「自由に使える土地区画はあまり残されていません。高値でこの土地を購入しようとする人がいるために土地が値上がりしているのです。政府はこれを統制するためにより多く課税し、また住宅開発事業をさらに推し進めなければなりません」とNay Min Thu氏は語る。

「政府は新しい土地計画を立てることで不動産価格を統制することができます。売買の需要の均衡が保てれば、不動産価格も安定します。同時に都市開発計画がすべての州や地方域において実行されなければなりません」Royal Tun Thitsar Real Estate Agency社長Tin Maung氏は言う。

ミャンマーの不動産価格は2014年に一度ピークをつけ、現在は横ばい

会合では不動産専門家らが2011年以来いかにミャンマーの土地価格が急騰したかについて解説した。土地価格は2014年にピークを迎えた。土地価格はまだ下落していないため、2015年には不動産市場の販売や取引は沈静化しており、不動産の所有者の中にはわずかに提示価格を下げるものも見られた。

ミャンマーにおける土地価格の上昇はまたミャンマーへ外国から投資を引き付けることを難しくしていると不動産仲介業者らは言う。

元記事:Property Inflation Leaves Myanmar Economy Flat
【2016年1月22日 記者: Moh Moh Kyi 】

<ミャンマー不動産の関連ニュースも合わせてどうぞ!>

ヤンゴンとマンダレーの不動産需要が低下か、第3の都市への投資を狙う動きも
ミャンマー不動産は停滞中、2016年3月以降の新政権樹立を待つ
ヤンゴンの賃貸不動産マーケットが回復傾向、賃料が2割上昇

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る