banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

ミャンマー人向け国内ホテル予約サイトJovagoがサービスイン

ホテル予約サイトJovagoがミャンマーでサービス開始:地元旅行者が対象

ホテル予約サイトJovagoは、サービス提供地域をミャンマーまで拡大した。Rocket InternetとOoredooが所有している。

Jovagoによると、ミャンマーでの事業の対象者のほとんどが国内の旅行者だ。ミャンマーはJovagoにとってアジアで三番目、世界で17番目の拠点となる。

Jovago Myanmar travel

Jovago.com のTOPページ

「ミャンマー国内外からの強い観光需要があり、ミャンマーのホテル予約でJovagoがその手助けになればと思っている。潜在力は大きく、Jovagoだけでなく国内の観光産業や提携するホテルにもチャンスがある」と、最高経営責任者のPaul Midy氏。

Jovagoのプラットフォームを使用すればミャンマーの宿泊施設は顧客から見つかりやすくなり、サービスの品質を向上し、国外からの観光客を呼び寄せ、利益率を向上させることができる。Jovagoは同国内の一般ユーザーに広く浸透することを目指している。

「Jovagoは新興市場の地元のミャンマー人顧客をターゲットにしている。現在、自国内の観光地を楽しみたい人向けのサービスは充実していない。この状況は、Jovagoにとっては大きな成長の機会だ」と最高業務責任者のHugo Schleicher氏。

「ミャンマーの人々は国外に出る機会が少ないので、Jovagoは彼らが国内向けの観光地を楽しむ手助けになる」

広報部長のAbdesslam Benzitouniは、「現在250のホテルと提携しており、2016年までに1500ホテルまで提携を拡大したい。ミャンマーの観光産業の重要なプレイヤーとなり、新しい観光地をアピールし、旅行を手軽なものにしていきたい」

元記事:Jovago Expands to Myanmar; Targets Local Travellers
【2015年12月9日 記者: Phyo Thu】


ヤンゴンのホテル一覧 (agoda)

<ミャンマーのホテル関連ニュースも合わせてどうぞ!>

ミャンマーホテル業界への海外直接投資は3年で倍増、観光客数も16年に1,000万人突破見込み
ミャンマー投資委員会 200億ドル規模のホテル・観光産業投資に許可
マンダレーのホテルは供給不足で「ホテル・ゾーン」拡張の動き

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る