banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

日系情報通信エンジニアリングのミライト・テクノロジーズが、ミャンマーへ進出

日系テクノロジー企業、ミャンマーに子会社を設立

MIRAIT header_logo

日系エンジニアリング会社であるミライト・テクノロジーズはアジア太平洋地域におけるビジネス活動を拡大させるため、ミャンマーに現地子会社「MIRAIT Technologies Myanmar Co., Ltd.」を設立した。同社の発表によれば新規に設立される子会社の資本金は2,000万米ドル。

ミャンマーの現地子会社は、移動通信設備の建設工事の拡張事業に従事する予定で、100人を雇用する。

上級執行役員でグローバルビジネス部門長のタナカ・マモル氏によれば、光ファイバー技術のエンジニアリング技術の発展を促す教育プログラムの実施も計画しているという。「通信設備の保守と設計、携帯電話向けの建設事業に取り組む新会社の設立を受け、弊社はミャンマーにおけるエンジニアの人材開発と通信ネットワークの発展に貢献します」と氏は述べた。

「ITエンジニアリングやサービス部門の新しい市場の創出という目的のもと、地元のパートナー企業とも積極的に協力していく予定です」と氏は付け加えた。

ミライト・テクノロジーズはすでにミャンマーにおける携帯電話通信業のプロジェクトを受注しており、新しい子会社が本格的な開発を引き継ぐ予定だと述べた。

ミライト・テクノロジーズは、60か国以上で事業を展開するミライト・ホールディングスの主要子会社の一つ。

元記事:Japanese Tech Firm Establishes Myanmar Subsidiary
【2016年3月15日 記者:Aye Myat】

<進出続くミャンマーの日系企業ニュースも合わせてどうぞ!>

日系合弁企業がミャンマー国内でツーリストSIMカードを提供開始
日産自動車がミャンマーで自動車の組み立てを開始、日系としては2社目
バゴーで新空港建設、日揮が筆頭株主としてシンガポール企業と合弁開発

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る