banner-recommend-ikema banner-recommend-tokushige banner-recommend-murakami

Telenor、MPTに続き観光客向けSIMカードの提供を開始

Telenor、来ミャンマー観光客向けSIMカードの提供を開始

先月2015年11月末に国営の携帯通信会社ミャンマー郵電公社(Myanma Posts and Telecommunications、MPT) の観光客向けツーリストSIMカードの提供開始に続き、Telenor Myanmar Limitedも観光客向けのツーリストSIMカードパッケージの提供を開始した。

ミャンマーのツーリストSIMパッケージには1GBの「Smart Internet」および5,000チャット(3.87米ドル)分のミャンマー国内通話、データ通信、無制限のフェイスブックの利用料(14日間)が含まれる。

telenor tourist SIM card

(写真)マンダレー国際空港のTelenorの店舗

14日間無制限のフェイスブック利用を含むSIMカード

SIMカードは通話開始から14日間有効。Telenorによればパッケージの価格は1万2千チャット(9.29米ドル)。ミャンマーの通信事業者に対して通話は1分あたり25チャット、SMSは1メッセージあたり15チャットが課金される。

国際通話は最低価格がカナダへの毎分100チャット、タイ・中国・マレーシア・シンガポールへは200チャット課金される。国際間のSMSはいずれの地域へも30チャットだ。SIMカードは14日間の使用期間後、もしくは残高がすべて使用された後、30日以内に満額をミャンマー国内でチャージすれば再度利用可能。

ミャンマー3大携帯キャリアのTelenorは、SIMカードの通信に自信

「ミャンマーの観光業界は急激に成長しています。今回提供するSIMカードによりミャンマーを訪れる人々に対し、大切な人との簡単で安全な連絡手段を提供することができます。ビジネス、観光いずれでも、短い滞在期間中にSIMのメリットを十分に感じて頂くことができるでしょう」と、Telenor Myanmarの最高マーケティング責任者Joslin E Myrthong氏は述べる。

「ミャンマー国内に3,800の拠点を持ち、100%3Gサービスを展開しているため、国内の大部分の地域において安定したデータサービスをご提供することができます」と氏は主張する。ノルウェーの大手通信事業者であるTelenorによれば観光客向けSIMカードはTelenorの自社店舗やフランチャイズ店、空港、ホテル、旅行代理店で入手可能だ。

元記事:Telenor Launches Tourist SIM Following MPT
【2015年12月14日 記者:Moh Moh Kyi】

Telenorのミャンマー・ツーリストSIMカードまとめ

  • 1万2千チャット(9.29米ドル)
  • 14日間有効
  • 14日間の使用期間後、30日以内に満額をチャージすれば再度利用可能
  • Telenorの自社店舗やフランチャイズ店、空港、ホテル、旅行代理店で入手可能

※ミャンマーの各キャリアのSIMカード情報は下記よりご覧ください。

テレノール社のプリペイドSIMカード (英語)
MPT社のツーリストSIMカード (英語)

<ミャンマーの通信業界ニュースも合わせてどうぞ!>

日系合弁企業MPTがミャンマー国内でツーリストSIMカードを提供開始
ミャンマー通信大手MPT、新ウェブポータルでスマホユーザーを開拓
ミャンマーで4社目の電気通信事業者免許入札へ。KDDI・住友商事が協業するMPTが業界首位

ミャンマービジネストゥデイ・TOP

ホームに戻る